« ラフプレーとは・・・ | トップページ | スケジュール »

2008年3月19日 (水)

どのような公演か・・・

藤澤組、新津組、松枝組というまったく異なる趣味趣向を持つ3組のお芝居のオムニバスで公演となります。

それぞれ持ち時間は40分。

40分×3組で、ノンストップ120分のお芝居となります。

それぞれの組に課せられているのは、時間とテーマだけ。

テーマは「ゴールデンウィーク」

きっと舞台では3者3様のゴールデンウィークが繰り広げられることでしょう。

簡単に各組の演目と出演者をご紹介します。

■藤澤組

まず、トップバッターは、シュールな笑いの藤澤組。

作・演出は、もちろん藤澤よしはる。

日常、数々のギャグ、冗談が外れまくっていることをいいことに、それを逆手に新しい笑い、名づけるとするなら「すべる笑い」という新ジャンルを打ち立てつつある男。

演目は「みつ子の魂、あくまで」。

この口からでまかせのタイトルを如何に落としてくれるのか。

出演は、青木ナナ、大石綾子、近石博昭、山本律磨、藤澤よしはる。

■松枝組

つぎに、総大将、松枝佳紀の率いる松枝組。

本来、耽美的だったりSFちっくだったり残酷だったり悲劇を中心に芝居を作ることが多い松枝。

今回、藤澤、新津という初期メンバーに釣られて、「お笑い」なんかをやってみることになった。

演目は「ゴールデンウィークにお芝居を」。

うーん、正統派。

出演は、いつものメンバープラスWSで出会った才能ある演者たち。

安川結花、峯尾晶、伊藤紗代、若宮亮、金子優子、木田友和、加藤沙織、竹内勇人。

いやー、今回はイケメンぞろいですよ。

■新津組

そして、とりは吉本新喜劇にもときおり出ている新津勇樹引きいる新津組。

今回は、同じ吉本メンバーから、のしほラディン、石走理子という仲間を得て、より幅の広がった巧みで正当なお笑いを見せてくれるはずです。

西島巧輔は、今回は影からの支配者(名前を出さない作演出)に徹するようです。なんでも前回公演を見に来た吉本新喜劇の先輩が、前回番外公演で西島くんの作劇に痛く感激したらしく、吉本で西島くんをつかうことになる・・・やもしれないということで、チラシ写真には載っているものの、出演はむつかしそう・・・ま、これは表立ってはいえないのですが、ていうかブログに書いている時点で表じゃないかという疑いはぬぐえませんが、ま、そういうことで、西嶋組・・・じゃなかった新津組を応援してやってください。

演目は「罪悪感から出た軽い会釈」。

なんだかわかりませんが、温かい目で見てあげましょう。

というような三組で番外公演をやることになっております。

★このブログは・・・★

★ラフプレーとは?★

★どのような公演か?★

★スケジュール★

★公演場所★

|

« ラフプレーとは・・・ | トップページ | スケジュール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1016348/11892322

この記事へのトラックバック一覧です: どのような公演か・・・:

« ラフプレーとは・・・ | トップページ | スケジュール »